<< I'll give you all my love(キス繋がり) | main | フルメタ1の萌えキャラ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

二見瑛理子の実験

プロフィールを更新し、横に商品を置いてみました。
これで初めて来た人でも私が朝倉好きだという事はすぐにわかるハズ…!
でも、このブログに来る人って朝倉で検索する人が多いから無くてもわかるかも。
暇な人はプロフィールのどこが変更したか探してみるのも良いかもしれません。
もっとも最初と最後以外、ほとんど変えているので一目瞭然なのですが。

昨日言った通り、今日はキミキスの小説2巻について語りますよ。
ネタバレ満載なので、まだ見てなくて見る予定のある方、俺は二見さん萌えじゃ無いんだという方は見ないほうが良いです。
それ以外の方は続きを読むをクリックしてください。
という訳でキミキスの小説版2巻を読みました。
感想、行きま〜す!(某白いロボットのパイロット風に)

みなさん、かつてこんな小説があったでしょうか?
まさか開始14ページでキスをする小説なんて!
この小説、キスシーンが多いと聞いていましたが、ホントその通りです!
二見さんとのキスシーンは7回!そして、この本の本編だけのページ数は171ページ。
計算すると、約24ページに一回キスしていることになります。
それはしすぎだろ…。

バリュエーションも豊富です。ポテチゲーム(ポッキーゲームのポテチ版)からのキスや、氷を口に入れてのキス。慰めのキスなどなど…
しかし!この小説版はもっと凄いキスもしていました!
だいたい想像はつくでしょう。そう、大人のキスです。
恐るべし、小説版!

ただ不満点もあります。
作者の日暮茶坊さんが、フレンチキスの意味を取り違えているという事です。
ソフトなキスと取り違えている人も多いですが、それは間違えです。
この言葉の発祥の地のイギリスでは、深いほうのキスを指すのです。
ただ、名前的にソフトな感じがするので、そう勘違いしてしまったんでしょう。
以上、蒼摩のどうでもいいフレンチキス講座でした。
これのせいで興ざめしてしまうところもありましたから、ちゃんと覚えてくださいね(何様?)

ですが、もちろん良いところもあります。
ぜんっぜん原作通りじゃないんですね(良い意味で)
もう、ほとんどオリジナルです。
特に最後の紙飛行機に『好き』と書いて告白するシーンは非常に良かった。
最初を紙飛行機で初めて、最後に紙飛行機でしめる!しっくりきますね〜。
まぁ私的には主人公が「二見さん…結婚しよう」なんてほざかないだけで、十分なんですけどね。

他には体育祭のシーンがお勧めです。
クラスメートと仲良くしたいけど、前のイメージから腫れ物を触るようなあつかいを受けて涙する二見さん。非常にくるものがあります。

高校生の青臭い青春って感じはゲームよりも前面にでていたと思います。
そんなキミキスの小説版2巻、お勧めです。

スポンサーサイト

| - | 15:00 | - | - |

Comment

Submit Comment