<< サントラの感想の続き | main | わりとフツウな蒼摩三等兵の一日 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

終わるデイ・バイ・デイ

ライトノベルとカテゴリー分けしときながら実際フルメタル・パニック!の事しか書いていなかったりする蒼摩です。
大丈夫…!友達から勧められた『半分の月がのぼる空』とあのヤマグチノボルさんが書いている『ゼロの使い魔』は読みますから。フルメタル・パニック!全部読み終わった後で。

という訳で『終わるデイ・バイ・デイ』を読みました。
ネタバレ要素を含むので、ネタバレOKな人は続きを読むをクリックしてください。
まずは主人公の宗介がとてもかっこよかったです。
何がかっこいいかって最後のラムダ・ドライバを使うところからエピローグにかけてがもう最高でした。

軍の命令に疑問を持たずに行動していた宗介が上官に逆らうシーンや、テレサ・テスタロッサ大佐の事を「テッサ」と呼んだり、いい意味で色々はっちゃけてました。
両手に花で良かったですねー(パチパチ)
まぁ私があの世界で両手に花になれるならば迷わず恵那さんとお蓮さんを選びます。
…マニアック?

今回、サブキャラであるクルツとマオの活躍はほとんどなかったんですが(最初に少しあったけど)代わりに素晴らしいサブキャラが出てきてくれました。
その名はベルファンガン・クルーゾー中尉です(覚えてるやつ)
あえて、憎まれ口を叩いたのや、尊敬する先輩をぼろくそ言ったのも、全ては仲間のため…う〜んかっこいい!
乗っている機体のイメージカラーが黒というのもポイントアップです。
今やってるスパロボJに出てくれないかな〜無理かなぁ…

という訳で『終わるデイ・バイ・デイ』の感想でした。
いやぁ〜相変わらずまじめな感想をすると疲れますね〜(どこが?)
明日は『どうにもならない五里霧中』の感想でも。
今からOVAにもなった『わりとヒマな戦隊長の一日』を読みます。
さぁ…はたして私をテッサ萌えにする事が出来るかな…?

スポンサーサイト

| - | 20:15 | - | - |

Comment

Submit Comment