<< 間木照子だという事を忘れていた… | main | 「きゅっ!」ではなく「ぎゅっ!」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

南空さんの最後の顔が…

相も変わらず忙しく、休日も更新できるかどうかわからない有様です。すみません。
そんな今日は『DEATH NOTE』アニメ版の感想を短めにですがお送りします。
ネタバレ込みなのでお気をつけください。

私が今回興味を持った点は三つ。

1、終盤のリュークの笑い
原作にはなかったシーンです。あの笑いを見てやっぱり彼も死神なんだなと再認識させられました。

2、免許証を渡すと同時に雪
これも原作にはなかったシーンです。
何故かとても感慨深いシーンでした。

3、南空さんの最後の顔
これまた原作にはないシーンです。
この顔を見て、あぁやっぱり南空さんは死ぬんだなと思いました。
凄い絶望を感じさせる顔ですね。こえぇ〜……

今回は原作を越えたんじゃないかとも思いました。
それだけにこんだけしか書けないのが辛いところですが…
まぁ私がこんな事を言っても仕方がありませんね。まだまだ頑張りますよ!

スポンサーサイト

| - | 23:52 | - | - |

Comment

Submit Comment