<< 朝倉涼子と赤い指 | main | 朝倉涼子のハレ晴レポーズ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

珍しくタイトルが漢字だけじゃなかった

またテンプレートを変えました。
クリスマス記念という事で(まだまだ先だよ)

さて、今日も朝倉…は流石にしつこいので、今日はアニメ版『DEATH NOTE』の感想でも。
しつこいと言うなら朝倉週間はどうなんだよという突っ込みは無しでお願いします。
ぶっちゃけ朝倉はネタ切れさぁまいりましょう。

今回は第5話「綻び」
L、月の両名がキラの動きに落ち度はなかったか…というような推理から始まる第5話でした。
そしてLの顔が初公開!そして驚き!…と言いたい所なんですが。
ぶっちゃけOPで何度も見たりしているので驚きませんでした。
というより原作も全部読んでるし。

今回、視聴者の方々にわかりやすくするためか原作よりも細かい説明でした。
まぁアニメは漫画よりも見返す機会が少ないのでこれは良い方法だなと思いました。

「えぇ〜今から〜?by粧裕」
お前もう黙れ。
別に工藤晴香さんをどうこう言うつもりはありません…が!
粧裕のキャラには合っていない気がします。
現に私、今回のは軽く殺意が芽生えました。

そして遂に月と南空さんが接触…!
「さっき教えたのは偽名だから!by南空さん?」
お前じゃないよ。
ここで月のキャッチセールス顔負けの話術が発動します!
受付の人の顔を覚えていない振りをして、自分の活躍を言わせ南空さんの興味を惹かせたり
名前を言うのにわざわざどんな字かまで言って相手の名前の漢字を得たり。
しかし…!南空さんはその上を言っていた!
どうなるかは来週をお楽しみに!(無理矢理オチ)

スポンサーサイト

| - | 22:26 | - | - |

Comment

Submit Comment