<< 星の数より座敷童 | main | 朝倉‘涼子’である理由 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

ヴェロキラプトルのダイノボット様(デスノネタ)

この前、『DEATH NOTE』映画版を見ながら父と批判しあった所、母が『DEATH NOTE』に興味を持ちました。
これでうちは、一家全員『DEATH NOTE』を読んでいる事に…

そんな今日は水曜恒例のアニメ『DEATH NOTE』の感想でも。
今回は意外な事がわかりましたよ〜。
もちろんネタバレ有りなのでお気を付けください。

先週から期待(と不安)していた南空ナオミさんの声ですが、意外に聞けました。
最初は少しオバサンっぽいかなぁ〜とか思ってましたがよくよく考えてみるとナオミさんて年齢的に(略)
いえ、なんでもありません!なんでもありませんよ!三十路前だなんて思ってな(この記事は削除されました)

そして相沢さんの声なんですが、なんか聞いた事があるなと思い考えてみると意外な事がわかりました。
相沢さん、ダイノボットの声じゃん!

注:わからない人のために説明しておきますと、ダイノボットというのはかの有名なロボットアニメ、ビーストウォーズのキャラです。
彼は最初はデストロンという敵だったのですが、その親玉であるメガトロンを倒そうとサイバトロンに入りだんだん正義の心に目覚め…長そうなのでこのくらいにしておきます。
とにかく、私一番のお気に入りキャラです。
小さい頃は、ダイノボットのアクションフィギュアが欲しいくらいに…

とにかく、その声だったんです。
クレヨンしんちゃんのヒロシはこの人らしいですが、ダイノボットの前には霞んで見えます。
別にヒロシがどうこうではなく、私がそのくらいのダイノボット好きというだけなのであしからず。

話を戻します。
肝心の本編ですが今回、気になる事が3つありました。

まず一つ目。
ユリちゃんの「何言ってんの。もうすぐそこじゃない。行くわよ」がなかった点。
あのセリフの後のリュークと月の掛け合いが面白いのに…

次に二つ目。
無理な事はわかっていますが、サップVS曙のシーンが欲しかった…!
リュークの「あれ?もう勝負ついちゃった」が面白いのに…

最後に三つ目。
ファイルの手に入れ方が、原作とは若干異なっていた事。
原作では、部下を通してファイルを得ていますが(そのためファイルを得たのは2番目)
アニメの「DEATH NOTE」で操るやりかたでファイルを手に入れてました。
この方法なら、ファイルを得る順番もランダムになるので、Lの「ファイルを持った順は大きな手がかりだ」という考えが、関係なくなるのではないでしょうか?
オリジナルストーリーになるのかそこらへん気になります。

と、まぁ以上です。非常にどうでも良い事なんですが後々、高山みなみさんや堀川亮さんが出てきたら狙ってると考えてよろしいでしょうか?

スポンサーサイト

| - | 20:49 | - | - |

Comment

Submit Comment