<< 魔王探偵水澤摩央 | main | ヌの生態に迫る! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

百目玉のようなヌに萌えを感じた

やっと休日ですね(挨拶)
この土日はゆっくりしたいと思います。
でもどうせすぐ外に出たくなるのが私の性分なのでどうなるかわかりませんね。
…テストは?

題名でわかる方もいらっしゃるでしょうが(いないよ)
今日は本日発売の『DEATH NOTE』13巻。HOW TO READの感想でも。
ネタバレ有りなので、まだ見てない人は退出してください。
まだ大まかな部分しか読んでいないのですが、Lの本名や細かいキャラ設定。
前から読んでみたかった読み切りのも読む事が出来て個人的には大満足です。

まず驚いた事と言えばやはりLの事ですかね。
名前を見て思わず「L本名かよ!」と突っ込んでしまいました。
しかも思ったよりも年をとっていて…月と同じくらいの年齢だと思っていたんですが。

次に驚いた事は海砂が本編の1年後に死んでいた事ですかね?
最初は寿命かな?と思っていたんですが、どうやら自殺っぽいですね。
はっきりとは書いていませんが。

後はリュークの死神ランクが思ったより高くなかった事ですかね。
真ん中ぐらいじゃんリューク。
しかも死神ランク1位は『ヌ』ってw
ヌ可愛いよヌ。

個人的に笑ったところは、ロジャーの嫌いなものが子供だった事。
あんた、孤児院の院長のくせに子供嫌いって。

ですが、やはり一番気になったのはヌです。
あんな姿で動けるのだろうか?いや、そもそもノートを書き込む事が出来るのか(生きてるから書き込む事が出来るんだろうけど)やっぱり羽根は生えているのだろうか…?
というか、あの眼がキュートで仕方ないよヌ。
もう、ヌが可愛くて仕方ありません。あぁ…またマニアックなものをスキになってしまった…!

と、まぁこんなものですかね。ヌの事ばかりな気もしますが。
あ!せっかくの『DEATH NOTE』の記事なのにその主人公である月の事を全然語ってないや。

スポンサーサイト

| - | 20:03 | - | - |

Comment

Submit Comment