<< 名前的には詩音がSで魅音がM | main | 星を見る者-STARGAZER- >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

やっぱり二挺拳銃はかっこいい

もう夜になると涼しいですね。
私はこれぐらいの季節が一番好きです。
昔は夏が好きだったのに…多分あまり友達と遊ばなくなったからでしょうか?
昔みたいに毎日遊ぶ訳にもいきませんしね。

さて、そんな今日はアニメ『ひぐらしのなく頃に』の罪滅ぼし編の感想でも。
ネタバレ要素を含むので、まだ見てない人は退出してください。
聞いてくれるかな?蒼摩の一世一代のがんばり物語を(パクリ)

見る前に芽瑠サンが「リナはむかつく」と言っていましたが、全くその通りだと思いました。
彼女がいなければこんな事にはならなかったのでは…?
まぁそのおかげでレナがリナを●すシーンはすっきりしましたけど(何)
最初のレナのお母さんがレナの名前を呼ぶときになんか訛ってるなぁ〜と思っていたら「礼奈」って呼んでいたんですね。途中まで気づきませんでした。

凄く個人的な意見ですが、『34号文書』というタイトルのネーミングセンスは素晴らしいと思った。
鷹野三四さんのノートだから『34号文書』という発想!是非見習いたいです!

ストーリーはレナが『鬼隠し編』の圭一みたいに疑心暗鬼になるというもの。
セリフがところどころ同じで面白かったです。

そして、昨日も言いましたが声優の上手い事!
レナの声の使い分けや、圭一の熱のこもった演技。
ですが一番は梨花ちゃんの『遊んであげるわ。おいで鉈女』に痺れました!
梨花ちゃんかっこいい!

あと、圭一が『鬼隠し編』の記憶を取り戻して魅音を抱き締めて謝るシーンは不覚にもドキッとしました。
女の子らしい魅音は可愛いなぁ〜。

話のクライマックスは王道らしく主人公が仲間の助けを借りて危機を脱出するというもの。
王道だけにやっぱり燃えましたね。
沙都子ぐらいしか役にたってない気もするけど
梨花ちゃんがかっこよかったから無問題さ!(え

なんていうか、最後はすっきり終わったと見せかけて、まだ謎のある終わり方でしたね。
最後の梨花ちゃんのシーンは『皆殺し編』へと繋がるのでしょうか?
原作の皆殺し編がやりたくなっちゃうじゃないか…!

という訳でアニメひぐらしは終わりましたがPS2化や漫画もまだ残ってますし、これからもひぐらしという作品は応援していこうと思います。

スポンサーサイト

| - | 21:59 | - | - |

Comment

Submit Comment