<< ツンデレ≠クーデレ | main | やっぱり二挺拳銃はかっこいい >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

名前的には詩音がSで魅音がM

休日に寝て過ごすとなんかもったいない気がしますよね。
テスト勉強もしないといけないし、なんでこんな時に祝日が入るんだろう…

何を今更な感じですが、アニメのひぐらしの目明し編を見たので今日はその感想でも。
ぶっちゃけ今日寝過ごした理由がずっと目明し編を見てたからだったり(汗)
ネタバレ要素を含むので嫌な人は退出してください。
いやぁ〜グロかったですね、目明し編。
今回主人公は詩音だったんですが、その詩音の壊れっぷりがもう何とも言えませんでした。
梨花ちゃんと沙都子が死ぬシーンなんてもう…
幼い時に見てなくてよかった。トラウマになるところでしたよ。
そして、例のかっこいい梨花ちゃんきたー!!
何かでみたんですが、いつもの梨花ちゃんは羽入と言うそうですね。本当かどうかは定かではありませんが。

そして、あれだけ見ると魅音が可哀想で…魅音にときめきそうになりました。いや、半分冗談ですが。
まぁひぐらしのキャラは、隠し玉を持ってそうなのでそんな事は考えてませんけども。
なんて斜に構えてるんだろう…

ひぐらしを見るたびに思うのですが、声優のレベルが高い!
今回、主人公の詩音役の雪野五月さんは魅音と詩音の使い分けがかなり上手いと思いました。

話自体は綿流しの疑問点が次々とわかっていってとてもすっきりしました。
しかし、一つ腑に落ちない点があります。

それは…鷹野さんです。
鷹野さんは綿流し以前に死んでいたとの事でしたが、今回でもその謎が解決される事はありませんでした。
ラスボスはやはり鷹野さんなのでしょうか?とても気になりますね。

今は罪滅ぼし編を見ています。そういう訳なので、明日は罪滅ぼし編の感想でも。

スポンサーサイト

| - | 21:21 | - | - |

Comment

Submit Comment