スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

魂出てるお蓮さんに萌え以上の何かを感じた

だんだんタイトルが『ハヤテのごとく!』みたいになってますね。
まぁそんなタイトルのカオスっぷりも、ある意味「ヒカゲ」らしいですね。

そんな今日は昨日の続きで「ミイラとりのドランカー」について語りますよ。
テンション高めなのでお気をつけください。
衝撃的な事実があきらかに…!
ネタバ(略)


別にかなめが宗介に鼻ちゅーしたなんて事はどーでも良いんですよ(え
ぶっちゃけこの話自体もどーでも良いんですよ(何
もうタイトルでおわかりの方もいるでしょう。そう!
魂出てるお蓮さんに萌え以上の何かを感じた。
しかもそうなったまでの経緯が可愛い!
好きな人が病気に→看病しに家に行こう!→しかし出てきたのは女性!?→その女性が好きな人と付き合ってる発言!→魂抜けた

こんなベタな展開なんかに萌え…るに決まっています!
前々から予兆はあったんですが、やはりお蓮さんは会長閣下の事が好きだった!
あぁ〜…嬉しいような悲しいような…まぁお蓮さんが可愛いから良いや(オイ)

しかもその事実を否定しようとするお約束の展開に萌える!
「書記として」なんて言い訳も可愛い!

さらに日本酒をちびちび飲むお蓮さんも良い!
日本酒って大和撫子なお蓮さんにピッタリですね!

そして舌っ足らずなお蓮さんも素晴らしい!
「同棲なんれ…ひどすぎます」って前の発言気にしすぎ!だがそこがいい!(え

という訳で「ミイラとりのドランカー」でした。
本編の事全然書いてねーじゃねーかというツッコミは無しの方向で。
遂にお蓮さんと会長閣下のフラグも立ちましたし、これからは更なる活躍が期待できます!
じゃあ次は…恵那さん出てきてくれないかなぁ(何)

安心できない七つ道具?

今日から出掛けるので、朝倉のハレ晴レ感想は日曜日ないし月曜になりそうです。
あぁ、どんな感じか早く聴いてみたい…

そんな今日はフルメタル・パニック『安心できない七つ道具?』の感想でも。
ぶっちゃけ長編より短編の方が感想を書きやすいです。気楽に書けるし。
例のごとくネタバレ…って最近こればっかりですね。


1、穴だらけのコンソール
オチにビックリ。
あと、宗介はやっぱり真面目だなと思った。
他にはとくになし。

2、身勝手なブルース
大人の恋愛って…こんなもんなのですかね?
だったら私は一生子供で良いかな?
「子供でいたい〜ずっと子じゃラッキー大好きなおもちゃに囲まれて〜」
このネタが何かわかったあなたはそこそこ凄いです。

4、義理人情のアンダーカバー
オチが読めたけど、良かったです。
フルメタを読んでるといつも思うんですけど、こんな極悪な主人公は珍しい。
最後の挿絵は、どこの悪役だよと思いました。

5、真夜中のレイダース
なんでだろう?椿があまり好きじゃないです。
あの空回りっぷり妙に…
卒業生の流れとオチは好きかな。

6、老兵たちのフーガ
いつもは好きな書き下ろしですが、今回のはあまり…
テッサがプッシュされまくりだからかな…?
正直あのオッサンどもはテッサたんテッサたん五月蝿いと思った。
あと、ジェリー提督は公私混同しすぎだと思った。自分の軍隊とはいえ…ねぇ?

というわけで、『安心できない七つ道具?』でした。
え?一つ忘れてはいないかって?
ふっふっふ…わざとですよ(8/19と言っている事が同じ)

はっきり言って、「ミイラとりのドランカー」がなければこの『安心できない七つ道具』はあまり好きじゃなかったでしょう。
という訳でまた次回(これも同じ)

音程は哀しく射程は遠く

お休み(挨拶)
受験生に休みは無いと言いますが、私は休みます。余裕です。
…嘘です。マジでヤバイです。コンピューターペンシル欲しいです…

さて、そんな今日は久し振りにフルメタル・パニック!の感想でも。
本当に久し振りだ…2ヶ月振りくらいですね。
最後に『踊るベリー・メリー・クリスマス』の感想するとか言っていながらそれからそれっきりじゃん。
いまさらベリメリクリの感想をするのもあれなので、今日は昨日読んだ『音程は哀しく、射程は長く』の感想でも。
クルツ主体の話という事で、ドキドキしながら読みました。
ネタバレ満載なので、嫌な人は退出してください。

フルメタ1の萌えキャラ

『踊るベリー・メリー・クリスマス』を読み終わりました。
感想は明日にでも書きます。
そういう今日はフルメタの話。

みなさん、私がテッサ嫌いだと思ってそうですが、以外にそうでもありませんよ?(自分で嫌いって言ったくせに)
証拠に女性キャラ上位5名はこんな感じです。

1位 恵那さん
言わずと知れたミス陣代2位のお方。
登場話は少なく『南から来た男』と『おとなのスニーキング・ミッション』の2話しかないです。
頭脳明晰、容姿端麗、品行方正と完璧な人ですが、蒼摩が好きになったのは髪形に理由があるらしい…?

2位 お蓮さん
美樹原組の一人娘。
登場話は意外と多く『フルメタル・パニック? ふもっふ』ではレギュラーにもなってました。
何事にも動じないので、逆に黒いとの噂も…
声が田中理恵さんなので声もお気に入り。

3位 マオ姐さん
何故かこれまでに活躍らしい活躍をしたことが無いというウルズ2の名がすたる人。
『踊るベリー・メリー・クリスマス』では、少尉に昇格していたが、何故昇格出来たか、少し不思議。
私はこの報われないマオ姐さんが好きです。

4位 かなめ
フルメタのメイン・ヒロインだが、あまり人気はないらしいです。
素直になれない性格が災いして、宗介とはあまり進展がなかったり。
たまに弱いところを見せちゃうところが萌えPoint!

5位 テッサ
フルメタの二人目のメイン・ヒロインにして人気も凄まじいが、私はあまり好きじゃないです。
ただベリメリクリでは少し不憫に思ってしまったり…。
アニメの声はゆかなさんなので、そこだけは好き。
萌え所であるところは、いつでも別にキャラに萌えてしまう。

なんだ、やっぱりテッサ嫌いなんじゃないかとお思いのかたもいるかもしれません。
このランクは上位三名が高すぎるんですよ。
うん、なら仕方ないですよね。
上位5名に入ってるんですしね。

ちなみに男性キャラの上位5名はこんな感じ。

1位 カリーニンさん
感情がない冷徹な感じがしますが、全然そんな事はなく部下思いのとても良い人。
疾るワン・ナイト・スタンドのシーンは凄く良かった。
『わりとヒマな戦隊長の一日』では、亡き妻が作ってくれた、ココアパウダーと味噌入りのポルシチを作ろうとしてる姿には非常に萌えた。

2位 宗介
『終わるデイ・バイ・デイ』で私的評価が急激に上がった。
終わる〜の最後らへんのシーンは正直、かっこいいと思った。
数多くの燃えと萌えを持っており、長編と短編でそれを使い分けることが出来るある意味極悪非道な主人公。

3位 ベン
本編でのシリアスな空気が『わりとヒマな戦隊長の一日』で崩れ去った、フルメタ1の萌えキャラ。
部下思いな所や魔女の宅急便について熱弁する彼は、すばらしいと思う。

4位 クルツ
フルメタで一番活躍してるのはこいつじゃないかと思うくらい、強いキャラ。
その活躍は、影の主人公ではないかと思うくらい。
さらに揺れる〜で彼女の存在を仄めかしており、その彼女がとても気になる。

5位 マデューカスさん
役職が役職なので、少し不運なキャラ。
『女神の来日(受難編)』では、はっちゃけている彼の姿が見れます。
ベリメリクリでは彼が素晴らしい活躍をしてくれます。
別名、号令係のおじさん(え

と、まぁこんな感じです。ぶっちゃけ男キャラの上位5人はどれも好きなのでカリーニンさんからマデューカスさんまでの差は、ほとんどないものだと思っていてください。

ちなみに、男女混合だとこんな感じです。

恵那さん>カリーニンさん>お蓮さん>宗介≧ベン≧クルツ>>マオ姐さん>マデューカスさん>>>かなめ>>>テッサ

なんだ、やっぱりテッサの事好きじゃないんじゃないかってな感じのオチ。

あてにならない六法全書?

最近『フルメタル・パニック』を語るのが多い気がするなぁ。
明日は違うことを語ろうと思います。
そのためにはネタを探さねば!

『あてにならない六法全書?』を読みました。
この本は…ダメです!(え)
いや、話の内容は良かったですよ?表紙にお蓮さんも出てきてましたし。
でもそのお蓮さんや恵那さんが出てこないんですよ!
でも、まぁ感想だけでも。

わりとフツウな蒼摩三等兵の一日

昨日みたいな真面目なタイトルの方が、アクセス数が上がるのは明白なのにネタに走ってしまうのはなんでだろう…?
昨日、言った通り今日は「どうにもならない五里霧中?」の感想をします。
いや、正確には「わりとヒマな戦隊長の一日」の感想を。

という訳で「どうにもならない五里霧中」を読みました〜。
その中の「わりとヒマな戦隊長の一日」の紹介文にはこんな事が書いてありました。

<ミスリル>の美少女艦長の平凡なある日を描く「わりとヒマな戦隊長の一日」。
これを萌えずして、どーする!?

…認めましょう。正直萌えました。萌えまくりました。
ベルファンガン・クルーゾー中尉にね!(注:彼は男です)
こっから先はネタバレ要素を含むので、続きが気になる方は続きを読むをクリックしてください。

終わるデイ・バイ・デイ

ライトノベルとカテゴリー分けしときながら実際フルメタル・パニック!の事しか書いていなかったりする蒼摩です。
大丈夫…!友達から勧められた『半分の月がのぼる空』とあのヤマグチノボルさんが書いている『ゼロの使い魔』は読みますから。フルメタル・パニック!全部読み終わった後で。

という訳で『終わるデイ・バイ・デイ』を読みました。
ネタバレ要素を含むので、ネタバレOKな人は続きを読むをクリックしてください。

おとなのスニーキング・ミッション

みなさん、こんばんは〜。
今日は昨日行ったようにおとなのスニーキング・ミッションについて語りますよ〜。

私がおとなのスニーキング・ミッションを絶賛する理由はただ一つです。
それは佐伯恵那さんが登場するからです!
ここで「あぁ〜」と思う人はかなり凄いです。普通の人は「?」何じゃないでしょうか?
佐伯恵那さんについて軽く紹介しておきましょう。

陣代高校二年一組。去年度の学園祭・ミス陣高2位。学年末総合5位。宗介にラブレターを贈り、その返事を聞くために3時間も待った内向きのシャギーにカットした、どことなくグラマーな身体付きの少女だそうです。

まぁ簡単に言えば容姿端麗、頭脳明晰、品行方正といった完璧少女ですが、私が目を付けたのはそこではありません。

どこに目を付けたかと言うと…髪型です!
私ああいうシャギーというかセミロングの髪型に弱いんですよね(最近低迷気味ですが)
しかも萌えアイテム(私的に)であるバンダナまでしていて…完璧だ!

「放っておけない一匹狼?」の頃から目を付けていたんですがまさか再登場を果たしてくれるとは!
しかもおとなのスニーキング・ミッションではお色気シーンまで披露してくれていますw
この調子で朝倉も再登場してくれないかなぁ〜。

同情できない四面楚歌?

今日はこの前読んだフルメタル?パニック!の「同情できない四面楚歌?」について語ろうと思います。
何故これだけ語るかは後でわかります。

1、磯の香りのクックロビン
オチが読めちゃいましたけど面白かったのでこれはこれでOK!
ただ…ダイクウマリュウキングガイてw明らかなパロですね。


2、追憶のイノセント
林水会長の過去が知れてとても良かったです。
特に最後のセリフは非常に感慨深いものがありました。


4、エンゲージ、シックス、セブン
いや〜私、こういう過去話に弱いんですよね。
マオ姐さんが主体ともありとても良かったです。


え?一つ忘れてはいないかって?
ふっふっふ…わざとですよ。

おとなのスニーキング?ミッションは私にとって最高でした。
という訳でまた次回!(え

明日からは

通常更新に戻れると思います。いままですみませんでした。
だから戻ってきて〜(泣)
ぶっちゃけお客様の数が全盛期の頃の5分の1なんですよ…
だんだん増えていくことを願っています。

この前はクルツについて語ったので今日はマオ姐さんの事でも。
クルツも凄いんですがマオ姐さんもまた凄いんですよ。
まず「戦う〜」では爆弾を処理…しただけ?
で「疾る〜」では…何かしましたっけ?
そして「揺れる〜」では…え?敵にやられただけ?
なんだ、あんまり凄くないじゃん。

好きなんですけどね、マオ姐さん。ぶっちゃけ二大ヒロインよりも好き(マテ)
「同情できない〜」の「エンゲージ、シックス、セブン」はマオ好きにはたまりませんでしたし、「自慢できない〜」のマオとテッサのAS戦も良かったです。
あ、そうだ。マオ姐さん、テッサにも負けてたんだった。

| 1/2PAGES | >>